立ち食い焼肉やま二人で3,000円で満足@西葛西

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめましてでございます。ぷーこと申します。
酔人といたしましては、参加せざるを得ない。参加せざるを得ない。ということで、2回書く程に前のめりで参加させて頂くことになりました。
私の生活圏の飲み記事としては、おそらく門前仲町〜葛西が中心になるかと思います。
挨拶はこの辺で……。

この頃増えてきましたね。スタンディングスタイルのお店が。そして一人でも入りやすい立ち食い焼肉も増えてきた。2015年11月に西葛西駅から徒歩2分位の所ににも立ち食い焼肉のお店ができたので行ってきたー。

「立ち食い焼肉やま」看板

看板。

「立ち食い焼肉やま」看板2

そして看板。

「立ち食い焼肉やま」入り口

入り口。

「立ち食い焼肉やま」セルフサービス

お店は注文出す以外はセルフサービス。お箸とかおしぼりは自分で出してね。そして食べた食器は返却口に戻してねスタイルです。

「立ち食い焼肉やま」金券チケット

そしてお店では1,000円単位でチケットを買って、注文のたびにちぎってもらいます。1,000円で1,100円分の金券チケット。10%上乗せ。

「立ち食い焼肉やま」ひとまず乾杯

焼肉台はガスで、網がペランペランに薄いタイプ。。。一瞬「え!?」って思ったけれど、何でも使い捨てなんだそうな。確かに使い捨てにしてメンテナンスフリーとか、お皿もアルミの軽くて安いもの使ってコスト抑えてるようです。ひとまず乾杯。

「立ち食い焼肉やま」メニュー

レギュラーメニュー
生ビールとサワー系が同じ値段とか、ちょっと不思議な値段設定。

「立ち食い焼肉やま」タンモト

そのほかに黒板にも数品今日のオススメメニューがある。生レバーあぶり焼きが美味しそうと思ったら、前の人でラストだったと残念!黒板メニューからタンモト。厚めのタンが食べたいなぁと思っていたので、レギュラーメニューのタン塩とどちらが厚いか聞いてみたら、「全く別物なんです。タンモトは和牛の舌の付け根の方で、タン塩は輸入牛タンの薄切り」と、厚さについてはよく分からないが、この返事からは確実にタンモトを選ぶ気がする。同じ値段というのは、これまた値段設定が不思議。

ただ、このタンモトがかなり美味しくて、結構驚き。テンションが上がる。

「立ち食い焼肉やま」ガツ&ナンコツ

ガツとナンコツ。見た目が似ているけれど、右側がガツ左側がナンコツ。臭みも少なく、なかなかのお味。タレと塩が選べるけれど、私は塩派。

「立ち食い焼肉やま」ユッケジャンスープ

ユッケジャンスープ。寒いから温かいものが飲みたいなと思ってユッケジャンスープを頼んだら、これがかなり私好みの味で、これだけでまた次回も来る!って思った。牛骨スープベースで、豆板醤の味が甘すぎず良い辛さで、スンドゥブチゲとよく食べるユッケジャンスープの間位の味かな。サイズも1〜2人前で嬉しいサイズ。スープ好きなんだけど、通常サイズだと大きすぎて注文するのに躊躇する。

「立ち食い焼肉やま」豚バラ

お酒もほどほど飲んでて、チケットも残り600円。どう使おうかとちょっと脳内作戦会議が開かれる。夫が「豚バラ食べたい」と言うので、残り300円。そこで焼きのり(韓国のり)とチャンジャを注文。焼いて巻いて食べるのだ。
この作戦は大成功で、豚バラの美味しさがさらに際立つ!豚バラは言わずもがな、ハズレは少ない。安定して美味しいのは豚肉だな。

ということで、大満足してごちそうさまでございました。
食べた後の食器は返却口まで。

生ビール×2:¥600
ハイボール×3:¥900
タンモト:¥400
ガツ:¥200
ナンコツ:¥300
ユッケジャンスープ:¥300
豚バラ:¥300
焼きのり:¥100
チャンジャ:¥200
合計¥3,300(チケット3枚分ぴったり!)
二人で3,000円で美味しくしっかりと食べられました。また行こうと思います。一人ご飯でも使いやすい。これで美味しいお酒もあったら最高なんだけれど、そこは欲張りません。

■■■本日の総括■■■
立ち食い焼肉やま

The following two tabs change content below.
atashipuko
気になる店は一人もでもずんどこ入っちゃう酔人。一人飲みか夫婦飲みが多いです。門前仲町〜西葛西辺りの、生活圏の東京の東の隅っこのお店が中心です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク